ウォーターサーバーを水のタイプで比較する

ウォーターサーバーの普及率が右肩上がりを続けています。


一昔前までは水道水を飲料水として使うことが一般的でしたが、それが徐々に変わってきているようです。

引越しや子供の誕生など、家庭の区切りとなるタイミングで導入するという方も多いようです。

しかし、そこで困るのはウォーターサーバーの比較。人気が高くなるにつれて様々な企業がこの事業に参入しており、選ぶにあたって迷ってしまうという事も多いようです。


そこで、ウォーターサーバーを比較する際のポイントとして、水の種類によるメリット、デメリットをご紹介します。

実は、ウォーターサーバーで提供される水には大きく分けて二種類のものがあります。

業務用のウォーターサーバー

天然水と、RO水です。



まず天然水は、名前の通り天然の水源から採取された水で、いわゆる美味しい水というものです。


メリットはミネラル分がたっぷり入っているので美味しいこと、健康に良いことが挙げられます。

ただし、価格はRO水と比較すると少し高めになってしまうこともあるようです。

また、ミネラル分が多く含まれていますので、赤ちゃんにとっては胃腸の負担となりあまりおすすめできません。
次にRO水ですが、こちらはRO膜と呼ばれるフィルターを通した水となっています。メリットはより衛生面がしっかりしていること。天然水も衛生面の基準をクリアした安全な水ですが、こちらはフィルターで不純物を取り除くので、より安心だと言えます。また、価格面で安いことも特徴です。
ただし、健康志向、美味しい水が飲みたいという方は天然水の方が良いと言えるでしょう。

最近気になったエキサイトニュースの有益性の紹介です。

どちらにしても、好みや家庭環境によってよりふさわしい種類の水を選ぶことが肝心だと言えます。